DIME Rival Report vol.2「KARATSU LEO BLACKS.EXE(唐津レオブラックス)」

~DIME Rival Report Vol.2~

TOKYO DIMEの良きライバルを
3つのキーワードで紹介する
その名も「DIME Rival Report」

第2回は、
「KARATSU LEO BLACKS.EXE(唐津レオブラックス)」
をご紹介いたします!

 

KARATSU LEO BLACKSが分かる3つのキーワード

初参戦でファイナル進出

KARATSU LEO BLACKSは、クラブ運営会社社長兼キャプテンを務める原慎也選手を中心に多数の外国人プレイヤーを揃える多国籍チーム。
2018年シーズンはプレミア初参戦ながらも、21勝 7敗の好成績を残し九州・沖縄カンファレンス1位となりファイナル進出を果たしました🔥

世界レベルのビッグマン

クラブの中心選手は
ビクラムジート ギル選手
2016、2017シーズンは3×3.EXE PREMIER屈指の強豪クラブであったAGLEYMINA.EXEに所属。
計5回の3×3世界大会出場経験を持ち、AGLEYMINA時代の2016年には中心選手としてクラブの世界大会準優勝に貢献。アウトサイドも得意な世界トップレベルのビッグマンです🏀

 

③インド

インドとの関係が非常に深いのもKARATSU LEO BLACKSの特徴のひとつ🇮🇳
クラブ運営会社会長を務める加藤慶也氏はインド3×3プロリーグ「3BL」のチェアマンを務めており、その繋がりからKARATSU LEO BLACKSは「3BL」との業務提携契約を締結しております。

クラブのエースであるビクラムジート ギル選手/ジェイソンカーター選手は「3BL」の強豪、世界ランク14位のDelhiでも活躍中。つまり主力選手がDelhiと共通しているKARATSU LEO BLACKSは世界レベルの力を持つクラブと言えますね💪💪
また、現在Delhiには、かつてAGLEYMINA.EXEに所属していたインダルビール ギル選手も所属しており日本の3×3ファンにも非常に馴染みの深いクラブなのです!

 

以上DIME Rival Report vol.2でした!

グローバルな展開を続けるKARATSU LEO BLACKS
2019シーズンでの対戦がとても楽しみですね!

この記事のタグ