School

ビジョン – 理念 –

  1. 自らの頭で考える
    人の意見に流されるのではなく、自分で考え主張することも大切だということを伝えていきます。バスケットボールに必要な協調性を身につけつつ、自分だけが持っている個性や自主性も磨いてもらいます。
  2. 多視点で見る
    多くの視点を持ってもらうことをバスケットボールでも、バスケットボール以外でも伝えていきます。自分以外の視点、コーチ、チームメイト、違うポジションの選手の気持ちを理解することも大切なスキルです。
  3. よく聞き理解する
    小学生、中学生の年代の子がバスケットボールを上手くなるための基本的で大切なスキルは「話を聞くこと」だと考えています。集中して聞き、そして理解して自分のものにするまでワンセットと捉えます。

モットー

「DIME」=「アシストの文化」

どんな状況でもチームメイトへの思いやりと助け合いを忘れないこと。

スタッフより

赤津メインコーチ

赤津メインコーチ

「互いに支え合える選手を目指して」 バスケットボールが上手になることはもちろんですが、自分の力を人のために活かす選手に育ってほしいと考えています。「あの時に学んだことはこういうことだったんだ」と思ってもらえるような指導を心がけます。社会人になれば様々な仲間と共に何かを成し遂げる事の連続です。 自分事にとらわれず、自分の役割を見つけ、互いに支え合い「DIME Basketball School」に集った仲間で末永く成長して頂けたら幸いです。

森スクールアドバイザー

森スクールアドバイザー

「ちゃんと頑張れば、ちゃんと成長できます。」 ジュニア期は、大きく成長する時期です。バスケットボールの原理・原則など、基礎や考え方をしっかりと学ぶことが大切です。また、チームスポーツとして、仲間と共に成長していく、喜びを分かち合うこと、仲間を通して自分の成長を感じることで、更なる成長につながります。「DIME Basketball School」では、そういった成長できる場をご提供いたします。

スクールの風景

「上手い選手」ではなく、「素晴らしい選手」を育成します。

DIME Basketball Schoolでは、ロサンゼルスにてバスケットボールを学び、5歳児からプロバスケットボール選手までを指導する赤津メインコーチが、バスケットボールの本場、アメリカ・ロサンゼルスで培った本物のスキルをお伝えします。 また、赤津コーチは自身が運営するValueWorks School of Basketballでは、代表として年間に1,000名を超える選手への指導を行っております。バスケットボールではスキルがあるだけでは一流選手にはなれません。チームスポーツを理解し、コーチやチームメイトを互いに尊重し、学ぶ姿勢を身につけることが出来る選手であれば、その後どのような環境に進んだとしても成長し続けることができる「素晴らしい選手」になるでしょう。

コーチのコラム

コミュニケーションデザイン教育を導入し、「考える力」を育てます。

スクールアドバイザーの森コーチは青山学院大学の社会情報学研究センターにて特別研究員としても日々研鑽しており、その研究成果であるコミュニケーションデザイン教育をDIME Basketball Schoolの指導現場に取り入れております。 バスケットボールは身長やスキルだけではありません。一人で考えたり、みんなで考えたり、「考える力」を身につけることでライバルに差をつけることができます。体系的に協働しながら創造し、それをふり返り次に活かしていくことを通し、「メタ認知能力」を育成していきます。 練習メニューは、単なる反復練習ではなく、状況を認知・判断するようにデザインされています。DIMEスクールでは、教わった原理や原則を思い出しながら、チャレンジをし、失敗をしながら、学んでいきます。ふりかえり「自分で考える力」を身につけます。

参加者の声

TOKYO DIMEを応援しており、近所にスクールが出来たので本スクールに入会しました。 部活では教わらない動きを時間を掛けて教えて頂いたり、動作1つとっても何故この動作をするのか、理由も説明してくださるのでわかりやすく、為になる。 子供もとても楽しんで通っています。
参加初日から普段と違う練習で、何の為の練習か考え、1つ1つの練習にどんな意味があるのかを丁寧に指導して頂いている事で自主練でも意識しながらできます。又、部活に持ち帰り、仲間と共有しながらやれています。 先日の試合では「DIMEで教わったやつ、成功した!」と報告がありました。 千葉からの送迎が大変なこともありますが、一生懸命取り組む姿を見ると参加して良かったなと思います。