DIME Basketball School
-スタッフ紹介-

スクールアドバイザー 森圭司

実践学園中学男子バスケットボール部監督。
全国大会出場9回のうち優勝3回、準優勝1回、3位入賞2回という成績を誇る。

また、2017年より現在に至るまで、JBA主催のU-13,U-14,U-15ナショナル育成キャンプに学識者として参加している。

都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会では東京都選抜チームのヘッドコーチを務め、準優勝が1回、3位入賞が2回という成績を残し、中学生世代の育成手腕は日本一と言っても過言では無い。

スクールプロデューサー 岡田優介

土浦日大高校→青山学院大学。 3人制プロバスケチームTOKYO DIMEオーナー兼Bリーグ京都ハンナリーズ所属プレイヤー。

一方で、現役中に公認会計士試験に合格し「文武両道アスリート」として多方面で活動中。

2009年に日本代表に初選出され、アジア大会など国際大会にも多数出場。

現役選手ながら、バスケットボールクリニック・講演会の実績は100を超える。
JBA公認B級コーチの資格も持つ。


シューティングコースメインコーチ 新岡潤

秋田県立能代工業高校→拓殖大学。 高校時代からマネージャー専任となり、各カテゴリーのトップチームに在籍。

その過程においてジュニア世代への指導経験も豊富。
2012-2017年にはBリーグアルバルク東京に所属した。

一方でバスケ界にとどまらず、MCやタレントなど多方面で幅広く活躍するマルチな才能を発揮している。

シューティングコースにて、より実戦的なシュートのメカニズムについて指導している。

スキルアップコースメインコーチ 益子輝楓

日本体育大学柏高等学校→日本体育大学。

大学生時代にバスケットボールの本場アメリカで修業を積み、世界最先端のスキルの研究を重ねる。

そのスキルは紛れもなく本物であり、2019年にはFIBA3x3 Seoul Challengerで世界6位に入賞。

また教員免許も持ち合わせており、小・中学生への指導経験も豊富。

アシスタントコーチ 深澤賢吾

実践学園中学男子バスケットボール部アシスタントコーチ。森コーチとともに全国大会の舞台でチームを率いた経験を持つ。

スポーツリズムトレーニング協会ディフューザーの資格を持ち、運動におけるリズム感から身体能力の向上へアプローチをする独特の手法でジュニア世代を指導。

その指導法は運動初心者からバスケ上級者まで幅広く対応し、誰でも楽しく練習できる指導法を実践。

アシスタントコーチ 品川夏帆

高校時代はバスケットボール部に入らず、自身でトレーニングを積み重ねる学生時代を過ごす。

そのバスケットボールへの熱は大人になっても冷めず、社会人になってから3人制プロバスケットボールチームTOKYO DIMEでプロデビューした日本の3×3界が誇るシンデレラガール。

ひたすら積み重ねてきた個人スキルとプロとしての経験を武器に、プロの目線から常に実戦を視野に入れたトレーニングを指導。