3×3.EXE PREMIERまとめ By TOKYO DIME

TOKYO DIMEはいよいよ今週末8/25(日)に3×3.EXE PREMIERレギュラーシーズン最終戦を迎えます。

そこで本コラムでは、3×3.EXE PREMIERの概要と優勝までの道のり、そしてTOKYO DIMEの現在地についてまとめました。今回は男子編!

■3×3.EXE PREMIERとは

3×3.EXE PREMIERは、日本/韓国/タイ/ニュージーランドの全72チームが参加し約5か月に渡り開催している大会です。大会のランクは10段階中7 “Purple”。FIBAの国際大会に次ぐランクの高い大会です。

■3×3.EXE PREMIERの選手登録制度

各チーム登録できるメンバーは6名まで。その中から各Round4名ロスターを選出します。

しかし5か月に渡る長いシーズン毎回6名のメンバーから4名ロスターを選出し試合に臨めない場合もあります。そこで下記2つの制度が導入されています。

選手入替制度:
Round.4終了時点(7月上旬)で各チーム2名まで登録選手の入替が可能な制度。3×3に参加するBリーガーはシーズンの関係上、7月以降の出場が難しい選手も多く、制度利用の対象者が多くいました。

制度使用例: OSAKA DIME
現役Bリーガーが多くプレーしていたOSAKA DIMEではこの制度を利用し、Round.4終了時に下記選手の入れ替えを行いました。
・長谷川智也選手(大阪エヴェッサ)⇔益子輝楓選手
・川嶋勇人選手(三遠ネオフェニックス)⇔鈴木崇浩選手

TR制度: Temporary Register制度
各Round、登録メンバー6名の中からロスター4名が選抜できない場合に、リーグが承認した候補選手を自チームの選手として補充できる制度。
・TR制度の候補選手は、リーグから承認された経歴/実力を持った選手。
・制度を利用するチームは、レギュラーシーズン順位が下位のチームから順に候補選手を指名することができます。
※プレーオフに関してはTR制度の利用は不可となっております

制度使用例:永田晃司選手
TR制度を利用し、今季TOKYO DIMEにて3度出場。W杯召集による落合選手/小松選手不在時や、同日程のHuaian Challenger(3×3の国際大会)参加のため、チームとして3×3.EXE PREMIER出場メンバーが不足していた際にTOKYO DIMEの一員としてプレーし、苦しい時期のチームを支えてくれました!

■3×3.EXE PREMIER優勝までの道のり

3×3.EXE PREMIERは、レギュラーシーズン⇒シーズン成績上位チームによるプレーオフという形式で優勝を決定します。プレーオフは2日間に分かれており、Day2の優勝チームが年間チャンピオンとなります。

プレーオフ Day1:各地区の2位と成績上位の3位が出場し、Day2出場権を争う
16チーム出場
出場チーム⇒各地区2位 12チーム+各地区3位成績上位 4チーム

プレーオフ Day2: 各地区の1位とDay1のベスト4で優勝を争う
16チーム出場
出場チーム⇒各地区1位 12チーム+プレーオフ Day1 上位4チーム

■レギュラーシーズン順位決定基準

レギュラーシーズンでは各Roundでの順位によりPREMIER POINTが付与されます。各地区ごとに、このPREMIER POINTの合計数が多い順にリーグ戦総合順位を決定します。

PREMIER POINTが同数の場合は、①勝利数 ②総得点 の多い順で総合順位を決めます。

■TOKYO DIME現時点成績

Round.7終了時点で、TOKYO DIMEは関東南カンファレンス1位。次のRound.8で優勝すればカンファレンス優勝も確定です。

しかし、4位までのPREMIER POINT差はわずか20。1位~4位までRound.8の結果次第で優勝があり得るという大激戦となっています。つまりRound.8は”絶対に負けられない戦い”なのです!

3×3日本人ランク1位の落合知也選手、B1千葉ジェッツ所属の原修太選手、3×3王国セルビア出身ペターペルノビッチ選手を新たに加え臨んだ今シーズンでしたが、Round.2以降、落合選手/小松選手のW杯日本代表招集やチームの国際大会(Challenger)への参加もありメンバーが揃わず苦戦した時期もありました。

しかし、TOKYO DIME FESを開催し、多くのファンの皆様と共に闘ったRound.6で優勝し流れを取り戻し、勢いそのままRound.7も制し2連覇を達成!最終ラウンドを前に遂に関東南カンファレンス1位に浮上しました!

一時は総合順位4位とプレーオフ進出まで崖っぷちの時期もありましたが、そこから這い上がり1位でRound.8を迎えます。

今季色々なことがありましたが最後に勝利を勝ち取るのはTOKYO DIMEです!皆様Round. 8、そしてそれに続くプレーオフも熱い応援よろしくお願いします!

■Round.8試合情報

運命のRound8は焼津漁港での開催!LIVE配信もございます!

日時:8/25(日) 14:40OPENING
場所:焼津漁港(静岡県焼津市新屋438−9)
公式ページ:https://www.3x3exe.com/premier/schedule/r8-kantouminami/
LIVE配信:こちらをクリック!

今回は以上となります。改めましてTOKYO DIMEへの熱い応援よろしくお願いします!

この記事のタグ