【女子】 PREMIER Round.4 結果

昨日行われた女子の3×3.EXE PREMIER Round.4は準優勝という結果となりました。

《グループ1回戦》
vs BEEFMAN.EXE
●7-11

《グループ2回戦》
vs SHONAN SUNS.EXE
○17-10

《グループ決勝戦》
vs BEEFMAN.EXE
●8-14

初戦の相手はBEEFMAN。
なかなか得点の入らないロースコアな展開になります。
機動力を生かして2Pシュートを試みますが、なかなか決まらず、逆に相手の高さを生かしたプレーに徐々に劣勢に。
放つシュートがことごとくリングに嫌われ、そのままゲームセット。
大事な初戦を落としてしまいます。

続くSHONAN SUNSとの対戦。
先に終了しているBEEFMANとSUNSの試合結果から、ファイナルへ残るための条件的には非常に厳しい中、序盤から全員で積極的にゴールを狙います。
初戦で沈黙した瀨崎理奈選手の2Pや、相原渚選手のルーズボールで、大きく差を開けます。高さで分のあるSUNSは、インサイドプレーに集中しますが、森本由樹選手や相原選手の固い守りで簡単に得点を許しません。
うだるような暑さで中盤に得点が止まり、16-10の残り30秒を切ったところで、有明葵衣選手がその均衡を破るドライブインから得点、17-10と総得点で首位にたち、そのままゲーム終了。
1勝1敗の三つ巴となりましたが、総得点で1位となり、決勝戦に駒を進めました。

迎えた決勝戦の相手は、初戦で敗れたBEEFMAN。
SUNSとの試合同様、思い切りよくゴールを狙いますが、試合巧者のBEEFMANを前に、簡単にゴールを奪えません。
逆にフィジカルをうまく使った相手に連続得点を許し、リベンジに燃えた決勝でしたが、8-14と離されてしまい、準優勝という結果となりました。

しかし、決勝進出により、プレミアポイント1を獲得、総合優勝となり、初代女王に輝くこととなりました。

レギュラーラウンド最終戦で、男女アベック優勝とはなりませんでしたが、男子の関東南カンファレンス、そして女子の総合優勝と、素晴らしい結果を残すことができました。

今ラウンドは屋外の会場となり、非常に暑い中での開催となりましたが、至る所でTOKYO DIMEのグリーン身につけたたくさんの方々とお会いすることができました。

いつも熱い応援、本当にありがとうございます。

レギュラーシーズンは終了しましたが、チームはWorld Gamesに向けて準備を進めていきます。
これからも応援よろしくお願いします。