【女子】PREMIER WORLD GAMES 結果

3×3.EXE PREMIER WORLD GAMES 2018 は予選リーグ1勝2敗という結果により、予選リーグ敗退となりました。

《グループ1回戦》
vs AUSTRALIA
●11-21

《グループ2回戦》
vs WKBL
○13-11

《グループ3回戦》
vs TACHIKAWA DICE.EXE
●13-16

vs AUSTRALIA
高さのある相手に対して、オフェンスでは逆のミスマッチをつき、有明葵衣選手、瀨﨑理奈選手のスピードで相手を翻弄するも、試合中盤からは相手の強力なインサイドに押されてしまい、11-21で敗戦。

vs WKBL W-TIGERS
5人制の韓国リーグで活躍してきた選手が3×3に参戦。終始シーソーゲームで進み、残り約10秒で11-11の同点という状況下、瀨﨑理奈選手がとどめの2Pシュートを沈め、13-11で勝利。

vs TACHIKAWA DICE.EXE
FINAL進出をかけた予選最終戦。
序盤は一進一退で進みますが、相手の思い切りの良いオフェンスに、徐々に点差を広げられます。 森本由樹選手の身体を張ったディフェンスで食い下がるも、相手の外角からのシュートがなかなか止められません。
そこから瀨﨑理奈選手のドライブインで点を詰めるなどオフェンス面で応戦するも、試合時間3分強でファウルが7つを超えてしまいます。
有明葵衣選手や相原渚選手の2Pで2点差まで食らいつくも、時すでに遅し。本来のオフェンス力が爆発しきれずに13-16で敗戦、決勝へは駒を進めることができませんでした。

決勝はTACHIKAWA DICEが予選で敗れたAUSTRALIAを21-11で破って優勝、改めて3×3という競技の「難しさ」と「チャンス」を合わせて感じる大会となりました。

今大会を持って、今シーズンの3×3.EXE PREMIERは終了を迎えることとなります。
初めてのシーズンとなった女子カテゴリーで初代女王となってから約2ヶ月、WORLD GAMESでは望んだ結果とはならなかったものの、PREMIERのシーズンを通してたくさんの方々からのご支援をいただけたことを、チーム一同本当に感謝しております。

PREMIERはここで一区切りとなりますが、DIME女子は今後も活動してまいりますので、公式SNSでの発信をぜひチェックしてください。

今後とも、TOKYO DIME をよろしくお願い申し上げます。

この記事のタグ