FIBA 3×3 Kaohsiung City Challenger 結果報告【7位】

2019年9月21日~22日台湾/高雄にて開催されたKaohsiung City Challenger にて、TOKYO DIMEは7位という結果を収めました!

■ロスター

鈴木慶太
小松昌弘
落合知也
ペターペルノビッチ

■試合結果

本予選第1試合 ●9-21 vs Sakiai(リトアニア)
本予選第2試合 〇22-11 vs Yunlin(台湾) →本予選2位で準々決勝進出!
準々決勝 ●15-21 vs Vrbas (セルビア)

■戦評

初戦の相手は、先週開催のモンゴルでのChallengerも制した強豪Sakiai。序盤から積極的にシュートを放ちますが中々決まらず、逆に相手に高確率で2Pを決められ、9-21と敗戦。
予選突破をかけた第2試合は台湾のYunlinが相手。この試合では序盤から2Pも決まり、インサイドでも積極的にアタックして多くのフリースローを獲得。終始安定した試合運びで、最後は 鈴木慶太 選手が2Pを沈めK.O.勝利!予選2位で準々決勝進出を果たします。
準々決勝の相手は、Inje Challengerで敗れた世界ランク7位のVrbas。前半一時は7点差をつけられるも、落合知也 選手の得点を中心に中盤以降は互角の戦い!しかし前半の失点が響き悔しい敗戦。
今回のChallengerは7位という結果となりました!

■選手コメント

落合知也選手
「高いレベルの相手に勝つ為に何が必要か頭を使って対策して、ランキング上位のチームに勝ちたい。そして残り僅かのプロサーキットで少しでも成長したい。」

小松昌弘選手
「上位ランクのチームに勝つために、最後まで頑張ります。応援ありがとうございました。」

鈴木慶太選手
「自分たちの強みを最大限に活かすために必要な事を今一度徹底して、結果にこだわりたい。こんな恵まれた環境で戦えている、このサポートを無駄にしないためにも、最後まで少しでも前に進むためにやり抜きます。」

ペターペルノビッチ選手
「Good tournament. We will continue to practice good, and results must come.」
「良いトーナメントでした。後は練習あるのみ。そうすれば結果がついてきます。」

本大会も応援ありがとうございました!

この記事のタグ