FIBA 3×3 Jeddah Masters 結果報告【9位】

2019年10月18日-19日Jeddah(サウジアラビア)にて開催されたJeddah Mastersにて、TOKYO DIMEは9位という結果となりました。

■ロスター

落合知也
小松昌弘
鈴木慶太
ダニエルベイリー

■試合結果

予備予選(QD)
○19-14 vs North Jakarta(インドネシア)
○19-7 vs JingAn(中国)
→予選1位で本予選進出!

本予選(MD)
●15-22 vs Piran(スロベニア/世界ランク7位)
●17-21 vs Jeddah(サウジアラビア/世界ランク17位)

■戦評

今回のMastersは予備予選からのスタート。1戦目の相手はインドネシアのNorth Jakarta。 ダニエルベイリー選手の豪快なダンク等で得点を重ね終始リードを守り抜き19-14で勝利!
予備予選突破がかかった2戦目は中国のJingAn。中盤落合知也選手の3連続2Pで一気に引き離し19-7で勝利!2連勝で本予選へ駒を進めます
本予選1戦目は世界ランク7位の強豪Piran。序盤は互角の戦い。落合選手、ベイリー選手を中心に強豪相手にスコアを重ねるも敗戦。
準々決勝進出をかけた本予選2戦目はホームのJeddah。世界ランク上位の相手に一歩も引かない戦い。一時はリードを奪うもホームの大声援を受ける相手に最後は押し切られ敗戦。
本予選はグループ3位となり惜しくも準々決勝進出とはなりませんでした。
しかし今回は予備予選から1日計4試合というタフなスケジュールを闘いぬき9位という結果を残しました。日本では夜遅い時間からの試合でしたが多くの方にLIVEで応援して頂きました!本当にありがとうござました!

■選手コメント

落合知也選手コメント
タフな戦いでしたが、夜中にも関わらず多くのファンの方々が応援してくれたお陰で最後まで諦めずファイト出来ました。本当にありがとうございました!

小松昌弘選手コメント
夜中から沢山の応援ありがとうございました。結果が全て。またやり直します。

鈴木慶太選手コメント
QDからのタフな戦いで、最後に勝機をチームで掴むことは出来ませんでしたが、皆さんの応援が力になりました!深夜遅くまでサポート本当にありがとうございました!

ダニエルベイリー選手コメント
We fought hard as a team to win the qualifying draw. We came up short in pool play but we fought until the end! Thank you for the support!!
チームとして懸命に戦い予備予選(Qualifying Draw)を勝ちあがることができました。本予選ではあと少しというところで勝つことはできませんでしたが最後まで闘いぬきました。応援ありがとうございました!

この記事のタグ